苦情CMランキング

Ad

イギリス Advertising Standards Authority英国広告基準局)が、
イギリスの苦情広告トップ10 を発表しました!
設立50周年を記念して、過去50年間に寄せられた
約43万件もの苦情を集計しての結果です。

さて、ワースト広告 1位
どの業界のものだったでしょう?
不人気の理由も当ててみて。

まずは 10 位のこちらから。
暴力シーンを含むため、閲覧注意。

これ、わたしも覚えてる。
2008年の Barnardo’s のもので、内容が CM としてはショッキングで、
突然 TV でこれが流れると胸が痛かった。
家庭内暴力、いじめ、ドラッグ…負の連鎖の悪夢が繰り返す。

個人的には、これが1位じゃないのが不思議です・・・。

そして9位。

二酸化炭素排出による気候変動に関するもの。

これがダメ?クレームの基準がさっぱり分からない。
あえて言えば、「子どもに罪悪感を植え付けるな」とか
「不必要に怖がらせるな」、とでもいったところでしょうか。
それか地球温暖化否定派のクレームか。

8位はヌードがらみ。

そして7位はこちら。
これも暴力シーン有りにつき閲覧注意。

ヴォルクスワーゲンの CM。
クレームが功を奏して21:00以降のみとの制限がかかったとな。

まあ、ねえ。確かに暴力シーンもあるし、
自分の分身が次々襲ってくるというイメージは子どもには怖いかも。
でもふつうに最近のアクションやサイエンス・フィクション映画の
スタンダードレベルな気もするけれど。

そして6~4位は宗教関係・堕胎。

そしていよいよトップ3。

まずは3位から。
閲覧注意 – 動物虐待のシーンが含まれ(?)ます。

Paddy Power という賭け屋の2010年のもので、
「目の不自由なひとを侮辱するものだ」
「動物虐待を奨励してる」など1313件のクレーム。

2位は広告自体というよりも企業姿勢に問題があったケースなので割愛。

そして待望の1位!
ワースト CM は…あなたも知ってるあの企業のものです。

ケンタッキー・フライド・チキンのジンガー・チキン・サラダの
2005 年のテレビ CM 。

なんと苦情の 1671 件がこれに関してのものだったというです。

え~~~っ。
どんな過激なCMかとわくわくしてたのに、肩すかし。

クレームのほとんどが
「こどものマナーの悪化を助長する」
というものだったそう。

そんぐらい家で躾けようよ
思いのほか真面目な親御さんが多いんだな。

そういや日本でも、お茶漬けをずずーっと音を立ててかっ込む CM が
「美味しそう」派と「お行儀悪すぎ」派に分かれてたっけ。

CM に対する苦情の内容や件数、順当だと思います?

コメント

コメントへのお返事は基本的にできません。ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました