イギリス英語失敗談(2)

Ad

これも留学生時代の、イギリス経験値がまだ低かった頃の話。

ある日、邪鬼が親友宅に遊びに行くのに同行することに。

英語のスピードについていけるかな、話題合わせられるかな…
なんてドキドキしながら、お宅にお邪魔する。

笑顔で出迎えてもらえて、(あ、上手くいきそう)な予感。
部屋に入り、3人でカウチ(ソファ)に腰掛けて、
お茶を飲みながら談笑することしばし。

邪鬼の親友は元気でさばけたひとだった。

(なあんだ~。心配することなかったじゃんっ)
なんて、ほっとしてたら。

ところでさくら。アメリカは好きか?

キタ

また何の脈略も無く。

いい人達だったし、おもしろい国だと思うよ。

精一杯の中立の答えで、心臓どきどき。

すると、ズイッと詰め寄ってきて、どアップ真顔で、

俺は、白黒つけない中途半端は嫌いだ。

好きなのか嫌いなのか、どっちだ?
俺は嫌いだけどな。

・・・(T□T;ノ)ノ ・・・うあぁ

逃げ道を断たれた・・・

なんなのこのひとたち。

アメリカに義理立てする理由もないけど、
そうやって圧力をかけられると、こっちも意地に。
よっぽど「アメリカ大好き」と言おうかとも思ったけれど、
邪鬼の親友に初対面から対立するのもなあ・・・
と気を遣って「中立」で通したら、
なんと『どっちつかずなダメ人間』扱いされた。

くやし~。

どうも、彼らの頭の中では

『アメリカ英語』を喋っているアメリカを称賛
⇒ 『イギリス英語』と『イギリス』を否定

というたいへん迷惑な三段論法な図式が勝手に出来ていて、
アメリカ人以外がアメリカ英語をしゃべると
気分を害してしまうようです。

知 ・ る ・ か ~ っ !
意味が通じてんなら、文句をつけるなっ!!

でも、これは決定打じゃないんです。
決定打はなんと、大学で英語の先生から。

コメント

コメントへのお返事は基本的にできません。ご了承ください。