“No” と『ダメだよ』

Ad

ふと気がついたんだけど、
わたしは日本にいて日本語を生活言語としながらも、
子どもを英語で叱ってました

叱るときの英語:日本語比率は
だいたい9:1くらい。

特に意識はしていないのに、
自然に口から飛び出してくるのは、
”No!” や “Don’t” や “Stop that!”

でも、その後のフォローは
「そんなことしてたらケガしちゃうでしょ?」
と日本語に切り替わってる。

おや?

で、しばらく自分と子どもを観察・分析してみた。

結果、英語のほうが

  • 一音節(stop, don’t 等)で、咄嗟に言いやすい
  • ドス がきかせやすい
  • こどもが言うことをきく

らしいということが判明。
こうしてみてみると、確かに英語は条件が揃っていて、
叱り語にしやすいかも?

で、フォローが日本語になるのは、
自分の母国語で勝手がきくうえに、
グレーな言語で微妙なタッチが使い易いから
・・・だと思う。

(わたしだけかな?)と国際ママ友に聞いてみると、

ウチも、叱るときは英語のほうがずっと効くんだよね。
まずは日本語で言って、ダメなら英語にするの。
反応が違うよね。

と、似たような状況らしい。
見ていると、子どもを叱るときは英語に切り替えているひとは結構いる。
「まわりに知られないでこっそり叱りたいときに英語にする」
という意見もあった。

うんうん。

例えば夕方の公園で。

ほら、時間だよ。
帰るよ。

とわたしが何回言っても、
「え~、ヤダ。もっと遊ぶぅ~」
と親をなめてぶらんこで遊び続けるウチのこども達。

それが、

GET OFF.
We are going home
“NOW”.

に切りかえると、
たいてい大慌てでブランコを降りてくる

白黒はっきりの言語の『英語』と、
グレーのグラデーションで ぼかし言語の『日本語』 との違いを、
国際キッズたちは肌で感じているんだね。

『日本語をしゃべってるママは、
こわくない』

みたいな子どもたちの態度が透けて見えて、
言語の力って面白いなあ~と妙に感心。

コメント

コメントへのお返事は基本的にできません。ご了承ください。