学校を休ませる?論争

Ad

「旅行でこどもに学校を休ませるのはありか」
は意見の分かれるところですね。

今朝のBBC でも関連するニュースがレポートされてました。

まえに書いたとおり(『こどもに学校を休ませるか』)、
イギリスではそこらへんの感覚がゆるくて
「いいんじゃないの、別に」
派が日本より多いです。

ピーク期の家族旅行は高くつくからと、
それを避けて学期中にこどもを休ませて、
オフピークの格安家族旅行に行くひとたちがたくさんいます。
「だって同じツアーが、時期をずらすだけで800ポンドも安いのよ!」と。

どうやら今後はこれが罰金の対象になるらしい。
学期中のホリデーに対し、子供ひとりにつき 100ポンド
安易な理由でこどもの学習の機会が奪われるのを抑止するため…とのこと。

School attendanceヤバいなあ。
急用で日本に一時帰国します!
とか、ウチらはありそうだし。

…というわけで、イギリス政府系サイト “GOV.UK” で調べてみました。該当ページ “School attendance and absence”“Legal action to enforce school attendance” によると…

  • 特殊な事情があれば学校から欠席許可がおりるケースもある
  • 許可無く学校を欠席させると 60 ポンドの罰金が科せられる事もある

つまり学校が欠席許可を出す権限を保持することと、
許可さえあれば大丈夫なことに変わりはないらしい。
「学期中の旅行 = 一律罰金」という意味ではないみたいだね。

でもね~。
『こどもの教育を犠牲にした格安家族旅行にストップをかける』
という目的はたいへん結構ですが、いい加減なイギリスなだけに、
この罰金制度には不安要素てんこ盛り。

だって今学期だけみても、ウチは
2回 『無断欠席』をくらってるんだよね。

「お子さん、今日無断で欠席してますが?」
の学校からの電話には毎度びっくりさせられる。

いやいやいや。
朝、「熱で休ませます」って電話いれたじゃ~~~んっ!
とか
三日前に欠席届け出したじゃ~~~んっ!
とか。

ひどいと、その電話すら無し。

無断欠席扱いになってるのが、学期末の通知表で発覚
したこともある。

…ということは、
ある日とつぜん多額の罰金の請求が!
なんてならないとも限らない。

イギリスならありがち…。

そう簡単に罰金導入しないでほしいな~。

校長先生によっても、当たりはずれありそうだわ。

コメント

コメントへのお返事は基本的にできません。ご了承ください。