先生への感謝の気持ち?

Ad

イギリスの小学校は、9月始業の7月終業。
夏休みの開始をもって学年度が締めくくられます。

7月中旬にはいり、学校もあと2日を残すのみ。
あ~、よくぞ1年を無事に乗り切ったなあ…
と胸をなで下ろしていたある日。
八重が下校してきてわたしに聞いた、

八:「ママ、プレゼント買ってくれた?」

私:「プレゼント?なんの?誰に?」
八:「先生に」
私:「そんなん買うわけないでしょう」
八:「でも、みんな先生にプレゼントをあげてるよ」

よくよく話を聞いてみると、イギリスの小学校では
学年末に先生への感謝の気持ちをかたちにして、
生徒がそれぞれ先生に贈り物を渡しているとのこと。

えーっ。State school(公立校)だよ。
先生たちは公務員じゃあないんでしょうか?

しかしマズイどころかどうやら恒例らしく、八重によれば、
クラスの大部分がすでに贈り物を渡し済み。

しかも、先生たちは教室でプレゼントを受け取るとその場で開けて
「うわあ。アン、素敵なワインをありがとう」
「ジョン、美味しそうなチョコレートね!」
だのと、他の生徒たちの目の前でやってくれるらしい・・・

なんじゃ、そりゃー

先生チョコ
7月は「先生へのギフト!」が店頭を飾る。
高そうなブランドの豪華なものをあげてるひとがたくさんいた…と、肩身の狭い思いでシュンとしてしまってる我が娘。

デリカシー無いなあ。
そんなことすりゃ他の生徒には無言のプレッシャーになるくらい、分かるだろうに…と感じてしまうのはやっぱり日本人的感覚なんだろうか。

とはいえ、たしかにウチは今年、担任にはお世話になっている…。

どーしよー???

大急ぎで家捜ししたら、未開封の和小物を発見!
それで急場をしのいだ。
Thank you カードは手作り。

八:「カードがかわいいと先生に褒められた~」
と喜んで帰ってきたのでセーフ。

あとで聞くところによると、高級なエリアだと
£100 単位の商品券とかも当たり前にあるそうな。
なんだかねえ…。

というのは、去年の話。
今年は、今週がその季節でした。

前回は、イギリスの小学校生活 1 年目だったのと、
たまたま家に贈り物になるような小物があったのとで
先生にプレゼントしたけれど・・・
今回はカードだけでいいよね?と、こどもに手作りさせる。

こういうのは感覚的にどうもねー。

コメント

コメントへのお返事は基本的にできません。ご了承ください。